カリタスジャパン公式サイト
 



カリタスジャパンは、2013年12月 10日から2015年5月にかけて、国際カリタスの呼びかけによって行われる反貧困キャン ペーン "One Human Family, Food for All (私たちは一つの家族、すべての人に食糧を)" に参加いたします。


教皇フランシスコのメッセージ (2014.10.6)
“おまえたちは わたしたちが飢えていたときに
食べさせてくれた”
神の言葉が今日私たちに呼びかけています。
私たちの隣人が飢えているとき、
そっぽを向かず、無関心にならないようにと。
とくに10月のアクションウィークに
カリタスの「すべての人に食糧を」キャンペーンに参加し、
飢えている人々のために声を上げるよう
カトリック信徒のみなさんにお願いします。

教皇フランシスコのメッセージ (2013.12.9)
「現在、世界で10億人の人々(7人に一人)が
飢えに苦しんでいるという現実は、
人類にとって 極めて恥ずべき問題です。
飢餓など存在していないかのように、
見て見ぬふりをしているわけにはいきません」


教皇フランシスコのメッセージ 
PDF(日本語訳)は こちら


国際カリタス総裁 マラディアガ枢機卿からのよびかけ
「地球上には充分な食糧があります。
私たちがともに手を携えれば、2025年までに飢餓を
終わらせることができるのです」

カリタスジャパン責任司教 菊地 功司教
(国際カリタス副総裁、カリタスアジア総裁)からの
よびかけ




カリタス反貧困キャンペーンとは

カリタス反貧困キャンペーン"One Human Family, Food for All"は、 2025 年までに世界の飢餓をなくすために、国際カリタスに加盟する 165 のカリタスによって同時、 かつ、それぞれの地域性を生かしながら実施されるものです。カリタスジャパンは、反貧困キャンペーン『五つのパンと二匹の魚』として取り組むことになりました。
この取り組みは、カリタスジャパンフェイスブックページで、ご覧いただけます。なお、国際カリタスのキャンペーンページはこちら。 Website: One Human Family, Food for All

ci_rogo
☆今後のキャンペーン行事はこちらから
 


首都圏カトリック大学×カリタスジャパン共同企画
「豊かさの中の貧困」 講演会と学生ワークショップ


カリタス反貧困キャンペーンの一環として、首都圏カトリック大学(白百合女子大学、聖心女子大学、清泉女子大学、上智大学、東京純心女子大学)とカリタスジャパンは共同企画「豊かさの中の貧困」を実施いたします。講演会は学生ならびに一般の方、ワークショップは学生の方が参加可能です。皆様のご参加をお待ちしております。
詳細はこちらから


カリタス反貧困キャンペーン アクションウィーク
2014年10月9−16日は全世界カリタスによるキャンペーンアクションウィークにおいて、カリタスジャパンでは「お祈りプロジェクト」を実施いたします

「お祈りプロジェクト」では、すでに各小教区、カトリック学校等に配布してある折り紙つきお祈りカードを使用して、以下の二つのことを実施したいと思いますので、みなさんぜひご参加ください。

1.アクションウィーク中、お祈りカードを用いてお祈りする。
2.折り紙の部分を使って、お祈りを目に見える形に変え、成果物の写真をカリタスジャパンにお送りいただく。

お祈りカードの作り方、お祈りの方法などの詳細について、は右の「お祈りプロジェクトについて」をご覧ください。
なお、お祈りカードは、キャンペーン期間中(2015年5月まで)使用可能ですので、ご希望のかたは希望部数を送付先を事務局(電話:03-5632-4464)までご連絡ください。(送料含めて無料)

カリタス反貧困キャンペーン アクションデーのご案内
日 時:2014年10月13日(月・休) 10:30−17:15
場 所:東京カテドラル・ケルンホール
スケジュール:
午前の部
10:30 カリタスひろば
カリタスジャパンにご協力いただいている団体、貧困関連団体などの出展と活動紹介。Caritas Panama(カリタスパナマ)が作ったFood for All キャンペーンソングを歌いたいと思います。

午後の部
12:50 キャンペーンの祈り
13:00 講演会 浜矩子さん(国際経済学者・同志社大学教授)
テーマ「排除から包摂へ:福音に根差す経済活動のありかた」
14:00 貧困の現場から
稲葉 剛さん(NPO法人もやい 理事)
飯島裕子さん(ノンフィクションライター)
横山葉子(カリタスジャパン 援助事業担当)
17:00 派遣の祈り・終了

入場は無料ですが、午後の部の参加と昼食(おむすびほか:炊き出し団体提供)は申し込みが必要です。

共 催:日本カトリック社会司教委員会・カリタスジャパン
問い合わせ・申し込み:
右の申込書をダウンロードしてファックスで送っていただくか、電話(03-5632-4439) またはEmail(info@caritas.jp)にてお申込みください。



カト大×CJ2014







actionweekprayer
アクションウィーク
〈お祈りプロジェクトについて〉



poster_jpeg



アクションデー
〈ポスターダウンロード〉


flyer1
アクションデー
〈申込書ダウンロード〉



●カリタス反貧困キャンペーンソング 歌詞発表!
おかげさまでA部門(訳詞)に1通、B部門(オリジナル作詞)に4通の応募がございました。応募くださった皆様に感謝申し上げます。

右より各楽譜をダウンロードすることが可能です。歌いやすいように原曲より移調しております。キャンペーン期間中、グループ、小教区、学校などで、ご自由に選んで歌ってください。歌っている様子などを写真に写して、メールにてカリタスジャパン事務局までご報告ください。

●キャンペーンソング歌詞募集について

以下のとおり、歌詞募集にご応募いただき、ありがとうございました。
おかげさまで、A部門(訳詞)に1通、B部門(作詞)に4通の応募がございました。

キャンペーンソングでキャンペーンに参加しよう!
カリタスジャパンでは、カリタスパナマが作成したキャンペーンソング (youtube にて「Caritas panama」で検索 またはhttp://www.youtube.com/watch?v=wu87QP7ERLI )のメロディをもとに、日本語の歌詞を募集します。
応募された歌詞を公表し、アクションウィーク、またキャンペーン期間中に、グループ、教会、学校、仲間同士など、皆で歌いたいと思います。

歌詞は以下の二つの部門のいづれかで作成してください。
A 部門:カリタスパナマ(動画)のスペイン語の歌を訳した歌詞
(大意和訳可)

B 部門:「反貧困キャンペーンソング」または「反貧困」に関する内容をテーマにしたオリジナル歌詞

応募期間:
2014年8月1日(金)〜9月1日(月)

pdf3
スペイン語歌詞入りの楽譜 (原調)
trans
歌詞の日本語訳


A部門 1
[
今日、声をあげよう]
上村 美佐子さん
a_1 a_1_1
〈楽 譜〉  〈ピアノ譜〉


B部門 1
[ひとつの世界]
Sawazer さん
b_1 B_1_c
〈楽 譜〉  〈ピアノ譜〉


B部門 2
[誰もが明日を信じられるために]
尾高 浩羽さん
b_2 b_2_c
〈楽 譜〉  〈ピアノ譜〉


B部門 3
[ともに]
アコンパニエ さん
b_3 b_3_c
〈楽 譜〉  〈ピアノ譜〉


B部門 4
[未来への約束]
ツジアケミ/ウルシバラヒロシさん
b_4 b_4_c
〈楽 譜〉  〈ピアノ譜〉

●2014年四旬節黙想会 『五つのパンと二匹の魚』

カリタスジャパンは、反貧困キャンペーンのテーマ『五つのパンと二匹の魚』をもとに、以下の日程で四旬節の黙想会を実施いたします。どなたでもご参加いただけます。お申し込みは、こちらから申込書をダウンロードいただき、ファックスにてお送りいただくか、お電話またはカリタスジャパン事務局(電話:03-5632-4439, E-mail:info@caritas.jp)までお申し込みください。

*昼食は各自でお願いいたします。
*参加費は無料ですが、四旬節献金にご協力をお願い致します。

pope_message
東京 :
日時:2014年3月21日(金・祝) 10:00〜16:30 (9:30受付)
場所:ニコラ・バレ修道院
講師:菊地 功司教、カリタスジャパン責任司教

大阪
日時:2014年4月5日(土)10:00〜16:30 (9:30受付)
場所:カトリック大阪梅田教会
講師:幸田和生司教、カリタスジャパン担当司教

東京&大阪共通:
進行:瀬戸高志神父、カリタスジャパン秘書


lenten1

 


 

●2013年12月10日(火)12:00 「祈りのウェーブ」

キャンペーンの初日である12月10日、世界各地でそれぞれ正午に「祈りのウェーブ」を実施します。
これは、南太平洋のサモア島で始まり、西へ西へと「祈り」をつなげていくものです。国際カリタスは各国カリタスや、各教区を通して、多くの人の参加を呼び掛けています。ぜひ「祈りのウェーブ」にご参加いただきますようご協力をお願いいたします。なお、お祈りは以下からダウンロードが可能です。

  † キャンペーンの祈り(日本語訳)
  † Campaign Prayer (English) 

 

prayer

   
   


close
 

 Copyright©2006 Caritas Japan,All Right Reserved