ホーム 活動団体グループ紹介 セミナー講演会ボランティア情報 カトリック社会福祉教区情報 リンク みことば はじめてのかたへ

カリタスジャパンの成り立ち

社団法人「カリタス会」 (1946-65)

1946年 飢餓による危機状態であった日本人の生活を救援するためにLARA(民間公認団体:対アジア救済委託協会)援助物資として、ミルクや衣類等が、日本政府に送られる。日本政府は、受け皿としてLARA救済物資中央委員会を設立し、カトリックより日本カトリック復興委員会の委員が、中央委員会委員として任命される。

1948年 ヴァチカン国務省によるカトリック社会事業の国際的調整に関する回状を受け、全国教区長会議および教区連盟理事会は、「社団法人カリタス会(貧困者救済会)」を全国的に設立し、教区連盟社会事業部を中心として各教区に担当司祭1名を任命して運営にあたることを決議する。
「カリタス会」は、日本におけるカトリック教会関係各種社会事業の指導、斡旋を目的とし、全国なカトリック社会事業連合として、LARA物資の受け取り、配給にあたる。各教区の担当者は、司教の監督下にある社会事業、病院、サナトリウム、養老院、孤児院、聖ヴィンセンチオ会、コミュニティ・チェストの仕事に従事することとなる。

1951年 教皇ピオ12世は、カトリック教会の社会福祉機構として、「Caritas Internationalis (国際カリタス)」を創設する。

1956年 「カリタス会」がカトリック中央協議会の社会福祉部となる。

1958年 日本カリタス会 第1回総会「カリタス会 第1回総会」(写真)が開催され、全国から52のカトリック施設代表者80名が参加する。
同年、国際社会事業会議(国連経済社会理事会ユネスコ、世界保健機構ユニセフの諮問機関)が東京にて開催され、カトリックからは、国際カリタス会、カトリック国際社会奉仕連合、NCWCカトリック救済奉仕団からの代表が来日し出席する。また、これら国際カトリック諸団体と協調して、日本カリタス会も列席する。


カリタス・ジャパン (1966-83)

1966年 日本カトリック司教協議会 社会福祉司教委員会が組織され、四旬節「愛の運動」が始まる。

1969年 「Caritas Internationalis(国際カリタス)」の要請を受け「日本カリタス」の創立に向けて「カリタス・ジャパン」設立準備委員会が発足する。

1970年

1970カトリック新聞カリタスジャパン創立「カリタス・ジャパン」創立。社会福祉司教委員会の実行機関となり、「Caritas Internationalis (国際カリタス)」のメンバーに加わる。

カトリック医師会、カトリック看護協会、カトリック医療施設協会、カトリック・ソーシャル・ワーカー協会、カトリック老人福祉施設協会、カトリック児童収容施設協会、カトリック保育施設協会が構成団体となる。

目的:
この会はカトリック社会福祉団体間の相互援助と協力を促進し、他の関係諸団体および国際カリタスとの緊密な連絡を保つことを目的とする。
       「カリタス・ジャパン会則より抜粋」

1971年 「カリタス・ジャパン」として「国際カリタス・アジア会議」に参加。

1974年 司教協議会、各種委員会の改組により「社会福祉司教委員会」が「社会司教委員会」として司教のみで構成される委員会となる。同時に「カリタス・ジャパン」は日本司教団より委任された協議会的な自主活動を行う機関となる。


社会福祉委員会 (別称カリタス・ジャパン) (1984-1995)

1984年

「社会福祉委員会(別称カリタス・ジャパン)」と改称され、社会司教委員会の直属組織となる。(Caritas Internationalis(国際カリタス)、Asia Partnership Human Development(APHD)には「カリタスジャパン」で加入している。)運営委員会、社会福祉推進部会、援助活動部会、特別事業部会、募金活動部会が置かれる。
活動目的:
社会福祉推進部会・・小教区、教区、カトリック校等の福祉活動推進のための啓発。各種団体、福祉施設との連絡、調整
援助活動部会・・・・国内外にわたる諸援助の申請受付、審査ならびに決定
特別事業部会・・・・難民定住委員会事務
募金活動部会・・・・福祉教育振興のための募金(四旬節募金、一般募金、災害救援金等)向上の広報活動



社会福祉委員会・カリタスジャパン (1995-2003)

1995年

「社会福祉委員会・カリタスジャパン」と改称。社会福祉委員会とカリタスジャパンの活動内容を明確化し、それぞれに担当司教が置かれる。
活動目的:
社会福祉委員会・・・福祉教育の振興並びに福祉活動を推進する諸事業。福祉施設・団体および関係諸関係協議会との連絡・調整
カリタスジャパン・・国内・海外の要援助者のための募金・援助活動。国際カリタスの一員として、国際カリタスの事業への参画


カリタスジャパン (2004-)

2004年 「カリタスジャパン」と改称。カリタスジャパン委員会、社会福祉活動推進部会、援助活動推進部会、国際デスク、HIV/AIDSデスクにて構成される。

 

Copyright caritas jp