カリタスジャパンロゴ
ホーム はじめに サイトポリシー
プライバシーポリシー サイトマップ リンク
カリタスジャパン公式サイト
ホーム
ホットニュース
お知らせ
カリタスジャパンとは
カリタスジャパンの概要
募金について
援助活動
啓発活動
福祉活動ネットワーク
国際カリタスとは
四旬節キャンペーン
カリタスジャパンニュース
フォトギャラリー
発行物案内
募金活動の方法
ひとくちメモ
お問い合わせ
キリスト教・カトリックに関するご質問はこちらへ カトリック中央協議会
国際カリタスとは

国際カリタス(Caritas Internationalis)の現在の活動

国際カリタスは、ヨーロッパ、北米・カナダ、中央・南アメリカ(カリブ諸国)、アフリカ大陸、中近東および北アフリカ、アジア、大洋州の7地域に分かれて地域、各国に即した活動ができるよう会合を持っています。第一世界(資本主義陣営を中心とした西側諸国・日本も含まれる)の国々と発展途上国が協力し合う、両者混合で行われる会合もあります。
カトリック倫理を基盤にさまざまな研修会を開催して、難民救助スタッフの養成、国際的な人道基準が守られることを目指しています。
世界教会協議会(WCC)、国際赤十字とも協力して、対人地雷禁止、子ども兵士禁止、幼児虐待、胎児殺害、幼児殺害(大人の臓器移植のために幼児の臓器が求められ、そのために親が幼児を売ること)、路上で売春する移民女性の更正援助などの問題に取組んでいます。

最近会議で話し合う議題は、グローバル化の影響、女性問題、平和・和解への歩み、HIV/AIDS問題が多くなっています。また大きな課題となっているのは、国連難民高等弁務官事務所からの報告による「性差に基づく性的な暴力」(Sexual and gender-based violence=SGBV)に対する対応です。
とくに難民キャンプで強制的に妊娠させられた女性や、安易に実施されるレイプされた後の堕胎などに対して、これらのことに責任を負う軍隊とその政府への厳重な監視と処罰を要求しています。また犠牲となった女性が、安心して出産でき、また子どもを育てられるように、信仰教育も含めた援助を行っています。
今後の課題としては、世界の貧困、西欧の優越感の是正、暴力、正義と連帯、人種差別と女性差別などがあります。
国際カリタスでは提唱活動(advocacy)も行っています。キャンペーンやロビイングを通して、より大きな声を公に政治の場にもたらすよう努力しています。そのために出版物の配布、政治家との直接の面談も行っています。
開発と連帯のための国際委員会(Cooperation internationale pour le developpement et la Solidarite=CIDSE。ブリュッセルに本部を置くカトリックNGO団体)と協力して、貧しい国の対外債務の帳消しへの運動、子ども兵士禁止、難民とその家庭などの人身売買反対運動、聖地の平和樹立運動、イラク訪問などを行っています。国際機関である国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連合同エイズ計画(UNAIDS)、世界保健機関(WHO)、ユネスコ、ユニセフ、国連食糧農業機関(FAO)、国連薬物統制犯罪防止事務所(ODCCP)などとも協力しています。
(カトペディア2004より)
     
国際カリタス・Caritas Internationalisのウェブサイトはこちらから


4年に一度、バチカンにて開催される「国際カリタス総会」にて、今後4年間の国際カリタスの進むべき方向が最終メッセージとして発表される。2015年5月の最終メッセージは以下のとおり:


国際カリタス第20回総会 最終メッセージ 2015年5月12日〜18日 ローマにて



貧しい人、弱い立場にある人、社会の周辺に追いやられている人々へ奉仕する教会の務めに取り組んでいる424名の女性、男性、若者が、140の国から165の国際カリタス加盟団体を代表してローマに集まり、四年に一度の国際カリタス総会が開催されました。教皇フランシスコは、就任以来カリタスを「苦しむ人々へのやさしさ、極限の状況に置かれた人々への継続的な奉仕である」と表現しています。[1] 国際カリタスのメンバーは、毎日何百万人もの人々にかかわり支援を行うことによって、その誓いを守るため努力しています。

国際カリタスにとって初めてそのような栄誉に与りましたが、総会開始ミサを自ら司式してくださることで、教皇フランシスコは豊かな刺激と祝福の源となって下さいました。その中で教皇フランシスコは「カリタスは、世界の多くの地域で教会の実在であり、初代教会での出来事を再現させるために、さまざまな小教区や共同体にさらに普及されなければなりません」と述べています。さらに「カリタスの使命を生きる人は、単なる労働者ではなく、キリストのあかし人にほかならない」ことを私たちがいつも心に留めるよう促しました。また「カリタスはつねに各部分教会の周縁部に存在するということを理解する恵みを、主に願い求めましょう」と祈るよう私たちを励ましました。[2]

これまでの4年間、私たちは複雑な人道的緊急事態と極端な貧困状態に対して、勇気と決意をもって行動を起こしました。また、この総会期間中の私たちの心、思い、そして祈りは、特に中東、ウクライナ、中央アフリカ共和国、ブルンジ、コロンビア、福島(日本)、フィリピン、ネパールなど、暴力、破壊、環境悪化が蔓延する世界の多くの地域の兄弟姉妹の苦しみに焦点をあてました。

私たちは、シリアとイラクのキリスト教徒を含む、宗教的な、人種的な、そして民族的な迫害を受けている、世界中のすべての人々のために特に祈ります。 彼らの共同体と教会は標的となり、彼らの故国でこれまで継続してきたキリスト教徒としての存在が損なわれようとしています。私たちは、レバノン、ヨルダン、トルコ、キプロスとエジプトで、恐れと不安の中で必死に生きようとしている人々や、自国内で避難を余儀なくされたり難民として逃れた多くの人々に連帯します。

私たちは、尊厳と自由のある生活を求める過程で言葉に表せないほどの剥奪や虐待をうけたり、時には命をもおとしてしまう、何十万という移民―女性、子供、男性―の苦境に注目するように求めます。私たちは、フェンスや壁を作ったり海上での阻止行動の措置をとるよりも、安全な避難所と人道的な回廊を作るよう各国政府に促します。

私たちは、そのような大きな絶望と非人間的扱いの中にあって、愛をもって対応し正義に基づいた世界を築くために働く、カリタスの同僚やそのほかの善意の人々の勇敢な行動に力づけられます。

総合的人間開発は、カリタスの中心にあり、その取組みは個人、家族、共同体に神から与えられた可能性を追求するための能力開発に集中されます。 すべての人々が同じ権利と機会を持てるよう大きな進歩があったにもかかわらず、男女間に残っている大きな格差も含めて、拡大する不均衡が世界の真の繁栄を脅かしています。このことには明確な意図を持って取り組まれなければなりません。教皇フランシスコは次のように言っています。「女性の才能は、社会生活のすべての場において必要とされています。」[3] カリタスは、女性を家庭と共同体の開発促進において、強力で重要な力であると認め、私たち自身の連盟組織内部も含め、女性の声が反映されるための取り組みを支援することを約束します。

2年前カリタスは、2025年までに飢餓撲滅を目指して、キャンペーン「私たちは一つの家族、すべての人に食料を」を始動しました。 キャンペーンは、国際連合の議場や国と地域の議会から始まって地球上の共同体に至るまで、地球規模の連帯のネットワークを構築しながら推進された政策提言(アドボカシー)活動をとおして、カリタスの加盟団体から世界的な賛同を得ました。連盟のすべてのレベルで実施されたカリタスの政策提言(アドボカシー)と国際的な意思表明は、それが地球上のあらゆる現場からの実体験をもとに専門的知識と明確な倫理的・道徳的価値観によって発信されたため、ワシントン D.C. からブリュッセルまで、ペルーからトンガまで、バンコクからアンマンやアジスアベバに至るまで、尊重され聞き入れられています。

今年2015年は、人類家族の未来と共通善のために重要な試金石となるでしょう。 政府と他の関係部門が、開発のための資金調達のグローバルなプロセスを更新します。また、 国家の指導者が承認し、次の15年間の世界共通の努力目標を示した新しい持続可能な開発目標(SDGs)が始動します。この点に関して、カリタスはこれらの目標が、不平等の構造的な問題に取り組み、すべての人の基本的な権利へのアクセスと生活の質を改善することによって、普遍的な人権と価値が実現されなければならないと確信しています。私たちはこの目標がすべての収入層と社会的階層のために実現しない限り、達成されたと考えるべきではないことを強く主張します[4]。この基本的で人間中心の考え方は、全ての持続可能な開発目標の柱でなければなりません。

 

さらに2015年中に私たちは、気候変動の結果として世界中に突きつけられている深刻な課題にどう対処してゆくか、地球規模の計画策定交渉を目の当たりにします。カリタスは、「善のために利用するのではなく、お互いの損失となるほどまでにどん欲に搾取してしまうことがしばしばある環境を保護する[5]」ことを重要視します。この事柄に関して、私たちは、この緊急課題について発表される教皇フランシスコの回勅を待ち望んでいます。 私たちはさらに、各国政府が国境を越えて、被造物への配慮に関して本来あるべき道徳的責務を認識するよう促します。教皇庁正義と平和評議会総裁ピーター・タークソン枢機卿は、私たちの総会における講演で「持続可能な社会に向けた発展のためには、関係性へ根本的に開かれていること、換言すれば正義と責務、そして連帯に向けた新たな道を切り開くことに根本的に開かれている必要があります。裕福な国の国民は、自国内と海外において貧しい人々に寄り添い生活の支援を行わなければなりません」[6]と述べています。

第20回総会を終えローマを去るに際して、私たちは連盟内部の協力関係の強化と、教皇フランシスコの使徒的勧告『福音の喜び』の教えによって方向付けられた私たちの2015-2019活動方針の大枠を、力強い統一性をもって推進することを決意しました。活動方針の大枠には以下の目標が含まれています。
1.貧しい人々への教会の奉仕を果たすカリタスの、カトリックとしてのアイデンティティーを明確にする
2.災害への備えを強化することによって、人道上の危機の影響を低減する
3.総合的人間開発と不正義の社会構造の変革によって、すべての貧困を撲滅する
4.広報、教育などを通じてカリタスの存在を明確にし、極度の貧困の原因を探る
5.加盟団体の専門性と効率性を高め、資源を有効活用することにより力強いカリタス連盟を構築する

これらの目標は、私たちの連盟に関係する女性、男性、若者、老人からの幅広い意見を基にまとめられ、私たちの連盟を越えた多くの人々の希望と夢が反映されています。すなわち、教会の立場で人々に奉仕するために精力的に働く兄弟姉妹と、自分の利益よりも共通善を重視して働くすべての善意の人々です。私たちは、この総会に若者が参加してくれたことと、彼らがカリタスの活動に継続して関わっていきたい、そしてダイナミックなエネルギーを発揮していきたいとの願望を示してくれたことに感謝しています。私たちの思いと行動の中心にあるのは、社会の周辺部に生き、ただ平等に扱われることを願い、神から与えられた可能性を追求するための機会を与えられることを願っている兄弟姉妹です。

教皇フランシスコによって宣言された「いつくしみの特別聖年」が2015年12月8日に始まります。このことは、カリタスにとってその愛のあかしと、すべての人、特に排除され忘れられた人の包括を、刷新し強化する特別な機会となります。私たちは総会の期間中何度も、自国でそして世界中で貧しい人や社会の周辺に追いやられた人の尊厳を守るために、殉教者として一生をささげたオスカー・ロメロ大司教が私たちに残した無私のあかしに対して、神に感謝しました。また、この総会中にオスカー・ロメロ大司教は、すでにそのように宣言されている聖マルチノ・デ・ポレスとカルカッタの福者マザー・テレサとともに、国際カリタスの守護者であると宣言されました。

私たちは、これまでの8年間連盟の総裁としてご尽力くださった、オスカー・ロドリゲス・マラディアガ枢機卿に深い感謝を表します。 また私たちは、新しい総裁としてルイス・アントニオ・タグレ枢機卿を歓迎すると共に、新しい加盟団体となったカリタス南スーダンを歓迎します。

私たちは、神の豊かな恵みと愛に伴われ、より良い世界のために働くという共通の使命のために、全力を尽くすよう神から遣わされていることを知っています。このことから私たちは、「被造物へ心を配る、一つの人類家族」を実現したいという絶え間ない追及において「『神がまずわたしたちを愛し』(1ヨハネ4・19)、神こそ『成長させてくださる』(1コリント3・7)そしてこの確信をもっていればこそ、喜びを保つことができるのです」[7]ということを常に思い起こします。 (以上)

注:
[1] 教皇フランシスコ 国際カリタス代表者委員会と国際カリタスのスタッフへの講話       2013年5月16日 バチカン
[2] 教皇フランシスコ 国際カリタス第20回総会開会ミサ説教 2015年5月12日 バチカン
[3] 教皇フランシスコ 使徒的勧告『福音の喜び』 103
[4] ポジションペーパー 『国際カリタス ポスト2015開発アジェンダの展望:私たちの譲れない点』 バチカン
[5] 教皇フランシスコ 聖座に任命されている外交団への訓示 2013年3月22日 バチカン
[6] ピーター・タークソン枢機卿 教皇庁正義と平和評議会総裁 国際カリタス第20回総会講演「変化する環境下の人間開発」 2015年5月14日 ローマ、イタリア
[7]  教皇フランシスコ 使徒的勧告『福音の喜び』 12

   
翻訳:カリタスジャパン




 

162所属団体からの参加者によるカリタスの第18回総会は、バチカンにおいて、「神の愛のあかし人、平和の構築者」であり続けることを誓いながら閉幕した。参加者は、3秒に一人の子どもが貧困のために命を失うこの世界を変革するという、今すぐ取り組まなければならない使命を果たすという「具体的な行動」に、イエス・キリストにおける「生きた信仰」を注ぎ込む新たな力を得て帰途についた。

教皇ベネディクト16世は、草の根におけるカリタスの奉仕に感謝して、参加者に次のように語った。「あなた方の連盟は単に教会の代表として活動しているだけではなく、まさしく教会の一部分であり、教会活動の様々なレベルで行われる恵みのやりとりに心から参加しているのです。」

「グローバリズムや人権侵害、不公平な社会構造といった、現代において世界が直面している最大の挑戦に対しては、人間のもっとも痛切な必要、すなわち、人間の尊厳や幸福をもたらし、そして究極的には永遠の救いをもたらすということをしっかりと捉えていない限りは、対峙することも乗り越えることも出来ません。」

「ポプロールム・プログレッシオ」の発布40周年、回勅「神は愛」、そして今総会におけるレナート・マルティノ枢機卿の演説などに促されて、参加者は地球規模の連帯を目指して、単に小道を切り開くのではなく、スーパーハイウェーを造ることで一致した。参加者は、出来る限り早くその目的を達成することを望んでいる。

カリタスは人道的援助や総合的人間開発、持続的平和の構築を、このプロジェクトの中心に据える。それはバラバラになった数々の働きなのではなく、一つのプログラムのそれぞれの部分としての働きであって、それが貧しい人たちが自らの人生を変革することを助けることになる。参加者は、このプログラムの実践において、一つのまとまった組織として行動することで、単独のカリタス団体の影響力を162倍にすることが可能だということを理解して帰途についた。一致と補完性は、対立する主張ではない。

私たちのこの野心的な計画を成し遂げるために、加盟団体は、調整と政策提言、コミュニケーションのための手段が整えられるように、ふさわしい資金提供をすることに同意した。カリタスの加盟団体は、継続する悲劇である貧困のスキャンダルに立ち向かう力として、その可能性を最大に引き出すために、ネットワークの方法を精鋭化させ続けることを希望する。

今、世界では30を超える戦争が引き起こされている。今、ダルフール、イラク、コロンビア、ウガンダ北部、スリランカ、コンゴ民主共和国、そしてそのほか紛争が存在する多くの地域で罪のない人たちが苦しんでいる。今、30億を超える人々が一日二ドル以下で生活している。今、4千万を超える人々が、HIV/AIDSと共に生きている。将来のために、2004年ノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイ女史は、カリタス加盟団体に対して、貧しい共同体が直面する気候変動による危機に対応するようにと求めた。マータイ女史によれば、カリタスは、草の根レベルにおいて貧しい人たちに力を与える事によって変革をもたらし、同時に世界的なレベルでCO2排出量削減を呼びかけるというユニークな位置にいるという。

総会は二つの世界的な出来事と時期を同じくした。聖地においては、イスラエルとアラブの6日戦争(第三次中東戦争)を人々はふり返った。カリタスは平和は可能であると宣言し、あらためて、占領の終結とあらゆる類の暴力の停止を求める。

ドイツのハイリゲンダムでは、過去の誓いにもかかわらず途上国への援助が減らされているという背景の中、G8のリーダーたちが会合を持った。カリタスは、あらためて、より良い援助を増加させることを求める。そのためにカリタスは、「Make Aid Work(援助を立て直せ)」という巨大なバナーをサンピエトロ広場で掲げた。この二つの大会は、それぞれの結末を有する。カリタスの参加者は、彼らの大会が約束を守るであろうことを知りつつ帰途についた。この地で私たちが決議した事柄は、貧しい人たちに持続した影響を持つだろう。もう一つの大会(サミット)は、十分な資金提供をもってその約束を守ることに失敗した。

カリタスはこれらの問題から目をそらすことはない。我々は発言を続けるだろう。200の国と地域で働き、6大陸から集まり、100を超える異なる言葉を話しているが、我々はバベルの塔ではない。「永遠の光は神ご自身である。太陽とそのほかの星を司る愛でもあるその光の前で(ダンテ「神曲」)」我々は声を一つにして、愛の武装をして、貧困のスキャンダルを終わらせることが出来ると宣言する。
(以上)
   
翻訳:カリタスジャパン

(宗)カトリック中央協議会 カリタスジャパン
〒135-8585 東京都江東区潮見2-10-10 日本カトリック会館 tel(03)5632-4464
info@caritasu.jp(日本語)secretariat@caritas.jp(English)
Copyright (c)Caritas Japan,All Right Reserved
郵便振替番号 00170-5-95979