カリタスジャパンとは

 

カリタスジャパンとは

カリタスジャパンは、日本のカトリック教会として、国際カリタスその他の国際機関と密接な連携を保ちながら、四旬節「愛の献金」その他の救援金などの募金活動、国内外への援助活動、また国内で弱い立場に置かれた人々が人間らしい生き方を獲得するための啓発活動を行います。なお、カリタスジャパンは教皇庁に本部を有する国際カリタスの一員でもあります。

国際カリタスは1950年教皇ピオ十二世に認可された社会活動、救援活動団体で、国連経済社会理事会総合諮問資格を有する国際NGO組織。加盟国165カ国。

 

カリタスジャパンのビジョン

私たちは、一人ひとりが大切にされる社会の実現を目指しています。人種、民族、性差、宗教や政治の壁を越えて、国連諸機関や国内外の関連団体と連携し、平和な世界の構築に貢献していきます。

 

カリタスジャパンの使命

私たちは、貧困や不公正などの課題に向き合い、人間の尊厳を尊重する社会を創りだす活動への協力を惜しまずに行います。また、世界各地で厳しい生活を余儀なくされている人々の自立を後押しし、貧困の撲滅に力を注ぎます。

 

カリタスジャパンの組織
  • カリタスジャパン委員会(責任司教:菊地 功師 秘書:瀬戸高志師 宮永耕氏)
    カリタスジャパンの活動の円滑な遂行を図り、その意思決定を行います。カリタスジャパン委員会もとに作業部会として、援助部会と啓発部会を置いています。
  • 援助部会(担当司教:菊地 功師 秘書:瀬戸高志師)
    全世界のカリタスと連携し、各地で厳しい生活を余儀なくされている人々の自立を後押しします。緊急災害や戦災からの復興、貧困の撲滅、人権、教育、保健衛生などを優先事項として「今、もっとも必要とされている」支援を行います。
  • 啓発部会(担当司教:菊地 功師 秘書:宮永 耕氏)
    現実社会の中で、人権やいのちを脅かされている人々の状況、それに関わる問題や社会的課題に向き合い、研修会やセミナーの開催、小冊子の発行、メッセージの発信などを通して、課題の共有や理解の促進を行います。
  • 教区担当者会
    全国16教区のカリタス担当者からなり、自教区内でカリタスジャパンの活動の支援協力を行います。