啓発部会

活動目的

啓発部会は、現実社会の中で人権やいのちを脅かされている人々の状況、それに関わる問題や社会的課題に向き合い、研修会やセミナーの開催、小冊子の発行、メッセージの発信などを通して課題の共有と理解の促進を行います

主な活動

排除のない多様性社会をめざして(2017-のテーマ)
* セミナー「排除のない多様性社会をめざして」 大阪、札幌、東京にて開催

自死と孤立(2007-2017 のテーマ)
* 「自死と孤立」に関する勉強会とわかちあい開催

(開催教区:さいたま/東京/横浜/大阪/広島/大分/福岡/長崎)

* カトリック正義と平和全国集会東京大会分科会開催
* 小冊子『続・自死の現実を見つめて-思いを分かち合う』(2012)発行
* 小冊子『自死の現実を見つめて-教会が生きる支えになるために』(2010)発行
* セミナー講演録『虐待・暴力と福音』(2010)発行
* 「カトリック教会における自死に関する意識調査」(2008)実施

連携活動

日韓カトリック自殺対策 (2013-現在)
カリタスソウルと協働し、年に1回、両国の自殺関連についての情報共有と活動報告を行っている。テーマは以下の通り:

2017年第5回 シンポジウム「自死遺族支援―悲しみの中で希望を見つける」(明洞大聖堂コストセンター/ソウル)

2016年第4回 共同企画 秋田県メンタルヘルスサポーター大会参加/自死問題に関わる宗教者のつどい(秋田大学/秋田教会)

2015年第3回 シンポジウム「韓日両国の自死意識調査ならびに戦略の模索」(弘益大学/ソウル)

2014年第2回 シンポジウム「宗教者と自死問題」(上智大学/東京)

2013年第1回 シンポジウム「日韓両国カトリック教会における自死問題」(韓国カトリック大学/ソウル)

 

21世紀キリスト教社会福祉実践会議 大会 (1998-現在)
超教派による社会福祉関連団体の連絡会。1年おきに大会を企画し、研修や啓発に活かしている。大会テーマは以下の通り:

2016年 第10回「いのち響きあう出会い~つながりの中に生かされる私たち~」(救世軍杉並小隊)

2014年 第9回「震災によってあらわになった人間の苦悩に向き合う」(カトリック元寺小路教会)

2012年 第8回「東日本大震災を受けて 改めて今を生きる人々に寄り添う」(ルーテル福音東京教会)

2010年 第7回「喜ぶ顔を見たい-現代のミッションを問う」(カトリック築地教会・聖路加国際病院)

2008年 第6回「底点から社会を見る・・私はあなたの隣人か」(名古屋大韓基督教会)

2006年 第5回「生きる―スピリチュアリティの模索―」(カトリック東京教区カテドラル/東京)

2004年 第4回「いのちこころ 生活~キリスト教社会福祉実践に生きる~」(救世軍本営/東京)

2002年 第3回「変革期におけるキリスト教社会福祉実践の展望」(キリスト教ミード社会館/名古屋)

2000年 第2回「今、何故キリスト教社会福祉なのか」(上智大学)

1998年 第1回「21世紀キリスト教社会福祉の展望-人間の叫びにどう応えるのか-」(ルーテル学院大学)