月間活動報告5月分

月間活動報告2019年5月分ができました。

新年度が始まりました!

CJ委員会・部会合同会議(423日)

新任期となり、新しい秘書ならびに委員を迎えての会議を実施しました。今年度より、午前中に、カリタスジャパン委員、援助部会委員、啓発部会委員、事務局での合同会議を実施し、午後に、援助部会・啓発部会に分かれて部会を開催することになりました。第1回目はオリエンテーションを行い、カリタスジャパンの概要と各部会の位置づけや役割を確認し、その後審議に入りました。

四旬節黙想会

●上田教会(長野県/47日)

午前と午後に1回ずつの講話と黙想が行われ、約30名が参加しました。終了後には、指導司祭を囲んでの茶話会が準備され、カリタスの組織や活動について直接お話をすることができ、とても良いひとときとなりました。

排除ZEROキャンペーン

●リレー写真展(高松教区、東京教区 4月7日~5月12日実施)

高松教区では中島町教会(高知)、松山教会(愛媛)、桜町教会(香川)、徳島教会(徳島)の四国全県で実施しました。東京教区では、約1ヵ月にわたり、ニコラ・バレ(四谷)と高円寺教会にて実施しました。調布教会、高円寺教会、上野教会、成城教会などで5月に実施されます。

援助金交付先一覧(2019年4月1日〜30日)
国際カリタス緊急支援要請

1.パレスチナ:移動医療支援(EA05/19・CJ015-19)

援助団体:カリタスエルサレム   ¥629,300

ガザ地区は断続的な紛争により公衆衛生設備が破壊され、医薬品も不足するなど医療サービスの質は極端に悪く、人道支援も困難な状況です。カリタスエルサレムは他の医療系NGOと協力しながら移動診療を実施して、多くの傷病人を助けています。

2.ヨルダン:シリア・イラク難民、ヨルダン人困窮者支援EA05/17 Y3CJ016-19

援助団体:カリタスヨルダン    ¥560,200

カリタスヨルダンは継続して国内のシリア難民、イラク難民、そしてヨルダン人困窮者の支援を行っています。今年は3年目になりますが、食料や物資を購入するための現金、医療サービス、心のケア、現金収入につながる労働を提供しています。

3.モザンビーク:洪水・サイクロン被災者緊急支援(EA07/19CJ017-19

援助団体:カリタスモザンビーク    ¥560,200

3月初めモザンビーク中北部では、サイクロンによる大雨により洪水が発生し、数千世帯が避難を余儀なくされました。カリタスモザンビークは3カ月間の緊急支援で、シェルター、衛生用品を提供します。

国内援助

1.大阪教区:大船渡ベース支援活動2019年度(CJ19-008)

援助団体:大阪教会管区大船渡ベース   14,542,698

大阪教会管区が運営し大船渡での復興支援に取組むボランティアベースの活動費を支援します。
2.大阪教区:南三陸ベース支援活動2019年度(CJ19-009)

援助団体:大阪教会管区南三陸ベース  ¥11,204,604

大阪教会管区が運営し南三陸での復興支援に取組むボランティアベースの活動費を支援します。南三陸ベースは、以前は米川ベースと呼ばれていました。