TOGETHER WE キャンペーン 2022年 気づきの年

2022年7月から2023年3月までは「気づきの年」です。

ともに
■ キャンペーンを行う背景(地球環境と私たち兄弟姉妹の現状)
■ キャンペーンの羅針盤となる 回勅『ラウダート・シ ともに暮らす家を大切に』
■ キャンペーンの実践方針となる 回勅『兄弟の皆さん』
に触れ
■ ケアの共同体 について
■ ケアの文化 について
分かち合いましょう。


気づきの年の3STEPS!

一人ひとりができること

個人用キャンペーン賛同書


STEP 1  ともに知ろう

● キャンペーンを行う背景を確認する

● 回勅『ラウダート・シ』を読む
● 回勅『兄弟の皆さん』を読む

STEP 2  ともに広めよう
● 身近な人にキャンペーンについて知っているか聞き
   未だ知らない人にステップ1を勧める
● キャンペーンを知っている人を増やす

STEP 3  ともに分かち合おう
● キャンペーンについて、感じたことなどを分かち合う
● 感想や意見(個人用キャンペーン賛同書)をカリタスジャパンに送る

 

グループでできること

◎炊き出しや食堂活動、難民・日本に定住する外国人への支援、被災者・被害者支援、生活困窮者支援、孤独・孤立防止対策など様々な支援活動、居場所づくり、つながりを生む活動・交流
◎地球保護、地産地消、地域連携、被造物の保護、食品ロス削減などの推進活動
◎回勅を読む、平和のために祈る、勉強会、野外ミサ、ウォーカソンなどの集まりの実施
など、すでに活動しているグループの皆さんは、賛同書に記入のうえ、グループの活動内容を紹介下さい

グループ用キャンペーン賛同書

STEP 1 ともに知ろう
● キャンペーンを行う背景を確認する
● 回勅『ラウダート・シ』を読む
● 回勅『兄弟の皆さん』を読む

STEP 2 ともに分かち合おう
● ステップ1の感想、意見を分かち合う
● 自分たちの取組んでいる活動をキャンペーンの視点で振り返る
● 何ができるかを考える
● グループの活動紹介、意(グループ用キャンペーン賛同書)をカリタスジャパンに送る

STEP 3 ともに考えよう
● 自分たちの活動の主体の人々、兄弟姉妹とどのようにしたらつながるか考える
● 勉強会、分かち合い、祈りの会などを企画する

 

回勅『ラウダート・シ』『兄弟の皆さん』

CAFOD(英国にあるカリタス)では、以下のとおり、回勅の内容を分かりやすくアニメーションで紹介しています。字幕を「日本語」にしてご覧ください。
*字幕を日本語に設定する方法:設定ボタン>字幕>自動翻訳>日本語 または Settings>Subtitles/CC>Auto-translate>Japanese

回勅『ラウダート・シ』CAFOD 動画

回勅『兄弟の皆さん』CAFOD 動画

回勅『ラウダート・シ』『兄弟の皆さん』を読まれた皆さんへ
もっとも共感した文章番号を、カリタスジャパン事務局までお知らせください。9月1日~10月4日の「すべてのいのちを守る月間」にて、日々の言葉として掲載を予定しています。御協力をお願いいたします。件名を【回勅】として、文章番号、または文章番号と当該箇所の文章を掲載し、campaign©caritas.jp(©を@マークにして下さい)までお知らせください。宜しくお願いします。

 

回勅『ラウダート・シ』『兄弟の皆さん』を購入希望のかたは こちらのページ まで。

 

キャンペーンに関連する文書、祈りなど

キャンペーン推進のための祈り:

ケアの文化をともにはぐくむ祈り(カリタスジャパン)

教皇文書、キャンペーンに関連することがら、回勅等に触れている文書や、関連する祈り:

2021年「世界平和の日」教皇メッセージ(2021.1.1)「平和への道のりとしてのケアの文化」

2022年「世界平和の日」教皇メッセージ(2022.1.1)「世代間対話、教育、就労――恒久的平和を築く道具として」

2021年「世界難民移住移動者の日」教皇メッセージ(2021.9.26)「さらに広がる”わたしたち”へとむかって」

第1回「祖父母と高齢者のための世界祈願日」教皇メッセージ 2021年7月25日「わたしはいつもあなたとともにいる」


すべてのいのちを守るためのキリスト者の祈り